このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

>
>
ノルアドレナリンの副作用やデメリットとは?ノルアドレナリンの……

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

ノルアドレナリンの副作用やデメリットとは?ノルアドレナリンの不足や過剰分泌には気をつけよう!

ノルアドレナリンとは?

ノルアドレナリンはストレスに反応して分泌するといわれています。また、脳内で分泌され交感神経に作用し「心身の覚醒や興奮」作用があったり、「集中力・判断力」を高めてくれます。

みなさんもよく知っているであろう「アドレナリン」。アドレナリンは主に「肉体」に作用します。血管を拡張させて血流を増加させ、身体能力を限界まで引き上げてくれるのがアドレナリンです。(※しかし、手足の指先などの運動にあまり関係のない部分の血管は縮小して血流が悪くなります。)

一方、ノルアドレナリンは主に「精神」に作用します。脳に作用して、やる気、意欲、判断力、集中力などを向上させてくれるのがノルアドレナリンなんです。

なので、アドレナリンとノルアドレナリンの違いを覚える際には「肉体に作用するのがアドレナリン」「精神に作用するのがノルアドレナリン」と覚えてもらえれば良いでしょう。「肉体」と「精神」がアドレナリンとノルアドレナリンの違いです。

また、ノルアドレナリンは主に精神に作用することから、不安や恐怖、怒り、緊張などのネガティブに捉えられるような感情とも深い関わりがあります。これらのストレスに反応しやすいのがノルアドレナリンなんです。このことからノルアドレナリンは別名「怒りのホルモン」とも呼ばれることがあります。


ノルアドレナリンの効果や作用について

現代の人間社会では「生命の危機」が訪れることは滅多にありません。しかし、野生の時代はそうではありませんよね。野生の時は常に「生命の危機」が周りに存在しました。ノルアドレナリンはそんな時代の「名残」だともいわれています。

「生命の危機」ほどの強いストレスがかかると、ノルアドレナリンが大量に分泌されます。すると「心身の覚醒」「集中力、判断力の向上」「鎮痛作用」などがおきます。そのおかげで「逃走か闘争」を瞬時に判断して命を守ることができていたんです。

たとえ、「生命の危機」が寝起きに訪れようとも、食事中に訪れようとも、ノルアドレナリンが分泌されることで命を守ることができていたんですね。つまり、ノルアドレナリンは「命を守ってくれる物質」と考えても良いでしょう。

私たちにとって、ノルアドレナリンはとても大切な存在なんです。

ノルアドレナリンが不足することで起きる副作用とは?

ノルアドレナリンは私たちの「やる気」「意欲」などのポジティブな感情と深い関わりがあります。そのため、ノルアドレナリンが不足すると「やる気が出ない」「意欲がない」など行動力のない人間になってしまいます。

また、不安、恐怖、怒り、緊張、悲しみなどのネガティブな感情とも関わっています。なので、やる気や意欲が低下するのと共にネガティブな感情が増幅してしまいます。

「私はダメな人間だ…」「できなかったらどうしよう…」「どうせやってもできっこない」という思考に支配されるようになってしまいます。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されたことで起きる副作用とは?

ノルアドレナリンは不安、イライラ、怒り、緊張、やる気、意欲などの感情と深い関わりを持っています。適度な分泌であれば良いのですが、ノルアドレナリンが過剰に分泌されるとこれらの感情を必要以上に増幅させてしまうんです。


攻撃的な性格になり、イライラしやすくなる

ノルアドレナリンが過剰に分泌されると、交感神経を強く刺激するので攻撃性、不安感、恐怖感を増幅させてしまいます。つまり、キレやすくなったり、落ち着きがなくなったり、パニックに陥りやすくなったりします。

誰でも、イライラする時や慌てて落ち着きがなくなってしまうことはあるので一時のものであれば何の問題もありません。なので、通常に考えられる範囲で怒ったりする場合はノルアドレナリンの過剰分泌を心配する必要はないでしょう。

でも、あまりにも頻繁にキレてしまったり、他の人よりも明らかに落ち着きがないような場合は注意が必要です。特に深刻なストレスを抱えている時は気を付けましょう。例えば、「どうしようもない状況に追い込まれた」「人間関係がこじれて修復不可能な状況に陥った」「不幸だと感じるようなことがかなり続いている時」です。

ノルアドレナリンはストレスに反応して分泌されます。そのストレスの負荷が強ければ強いほど分泌量も多くなります。そうなると、冷静ではいられなくなるので判断ミスを犯してしまう可能性が高いです。

強いストレスを感じたら休息をとってリラックスするようにしましょう。交感神経を休ませて副交感神経を優位にする必要があります。

過剰な反応をして興奮しやすくなる

私たちの体には「自律神経」というものがあります。自立神経は2つの「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。交感神経とは興奮している時や緊張している時、不安を感じている時などに活発になる神経です。一方、副交感神経はリラックスしている時に活発になる神経です。

この2つのうち、ノルアドレナリンは交感神経を刺激します。交感神経を刺激するということは「興奮状態」に入りやすいということです。なので、ノルアドレナリンが過剰に分泌されるとちょっとしたことでも過剰に興奮してしまいます。

冷静さを欠いて異常に興奮してしまうんです。我を忘れるほどの興奮状態に入ってしまうこともありますので注意が必要です。

ノルアドレナリンが分泌されなくなり、ストレスに対抗できなくなる

ノルアドレナリンはあらゆるストレスに対抗するためにも必要な物質です。しかし、過剰分泌が長く続くとやがて枯渇してしまいます。さらに、ノルアドレナリンの分泌を制御してくれている「セロトニン」も不足するようになります。

そうなると、「ストレスへの対抗力」が弱くなり、小さなことが気になり始めます。つまり、今までは気にならなかったような小さなストレスにさえも対抗できなくなるんです。

他人のちょっとした言動や小さな物音、ちょっとした問題など全てが気になり始めてイライラしたり、不安になったり、パニックに陥ってしまったりします。その結果、「無関心」「無気力」「やる気がない」などのうつ病にも近い症状を引き起こしてしまう可能性もあります。


ノルアドレナリンの適度な分泌は私たちに良い影響を与える

ノルアドレナリンは分泌のバランスが大事な物質です。多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメなんです。私たちに悪い影響を与えてしまいます。しかし、適度な分泌であれば私たちに良い影響を与えてくれる物質なんです!

ノルアドレナリンが分泌されると仕事で成果を出せるようになる!

ノルアドレナリンが分泌されると「やる気がある」「意欲がある」という状態になり、何事にも積極的に取り組んでいけるようになります。また、集中力や判断力も向上しますので、パフォーマンスも向上します。

そのため、仕事で結果を出せる人間になるんです。

ノルアドレナリンが分泌されるとスポーツや運動でハイパフォーマンスを発揮できる!

ノルアドレナリンは集中力や判断力を向上させますので、スポーツや運動でハイパフォーマンスを発揮することができるようになります。また、スポーツや運動でハイパフォーマンスを発揮するには肉体に影響を与えるアドレナリンを分泌させることが重要なのですが、ノルアドレナリンはアドレナリンの分泌を促してくれます。

なぜなら、ノルアドレナリンはアドレナリンの前駆体だからです。つまり、アドレナリンはノルアドレナリンが分泌されないと分泌されないんです。

アドレナリンが分泌されればリミッターが外れ、潜在能力を引き出すことができます。


ノルアドレナリンが分泌されるとリーダーシップのある人間になれる!

ノルアドレナリンは別名「性格形成ホルモン」と呼ばれています。私たちの感情に作用する物質なので、性格をコントロールする側面があるからです。

ノルアドレナリンが適度に分泌されている人は「やる気がある」「意欲がある」「集中力がある」「判断力がある」という性格の持ち主になります。リーダーに向いている性格ですよね。

ノルアドレナリンが原因で起こる病気とは?

ノルアドレナリンの不足や過剰分泌が起きると副作用の1つとして「病気」があります。ノルアドレナリンが原因で様々な病気を引き起こしてしまうんです。具体的には以下のような病気を引き起こしてしまう可能性があります。

ノルアドレナリンが不足するとうつ病になってしまう?

なんども解説していますが、ノルアドレナリンはネガティブな感情を増幅させる物質でもあります。ネガティブな感情が増幅すると「何もしたくない」と思うようになり「無気力」「無関心」などの症状があらわれるようになります。

うつ病になってしまうんです。実際にうつ病患者の方々はノルアドレナリンの分泌が少ないというデータもあるほどうつ病との関係は深いようです。


血管への作用で生活習慣病を引き起こす?

ノルアドレナリンは血圧や血糖値を上げて心身の覚醒作用があります。なので、強いストレスを受けて過剰な分泌状態が続くと高血圧や高血糖になってしまいます。その結果、糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。

パニック障害を引き起こす?

ノルアドレナリンには心拍数の増加、血圧上昇による体温上昇、および発汗、などの作用があります。これが感情に作用することも相まって強いネガティブな感情を引き起こしやすくなります。

そのため、「パニック障害」を引き起こしやすくなってしまいます。パニック障害とは突然起こる「発汗」「激しい動悸」「めまい」などの体の異常や「このままでは死んでしまうというような強い不安感」に襲われる病気です。


ノルアドレナリンのバランスを保って副作用を防ぐ方法

ここまでで、ノルアドレナリンのバランスを保つことが大事だということはご理解いただけたかと思います。では、どうすればバランスを保っていられるか?答えは「ストレスとうまく向き合う」ことです。

ストレスが溜まってるなと思ったら休息をとったりして発散させることが大切です。

しっかり寝よう!

睡眠は心身のバランスを保つのにとても重要です。睡眠不足が続くと、「イライラ」「無気力」などを引き起こして、ノルアドレナリンの暴走を助けてしまう恐れもあります。

しっかり寝て、休息をとるように心がけましょう。

運動をしよう!

運動はストレス発散にとても効果的です!ストレスを発散することでノルアドレナリンの暴走を止めることができます。

「最近ストレスがたまっているな」と思ったら、思いっきり体を動かしてストレスを発散させるようにしましょう!

栄養をしっかり取ろう!

ノルアドレナリンの原材料は「チロシン」「フェニルアラニン」というアミノ酸です。これらがふくまれている食事をとることでノルアドレナリンの分泌を増やすことが期待できます。

牛乳、大豆(大豆製品)、かつお、しらす干し、小豆、肉類、魚介類など、タンパク質を多く含む食品に豊富に含まれています。これらの食品を意識して食べると良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >