このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

>
>
スポーツをする時はアドレナリンを分泌させよう!アドレナリンを……

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

スポーツをする時はアドレナリンを分泌させよう!アドレナリンを分泌させて、極限の集中状態に入り潜在能力を引き出す方法

アドレナリンとは?

アドレナリンとは交感神経が優位になった時に副腎髄質から分泌されるホルモンの1つです。交感神経とは、私たちの体にある2つの自律神経のうちの1つです。もう一つは「副交感神経」というものです。

私たちはリラックスすると副交感神経が優位になり、興奮したり、緊張したりすると交感神経が優位になります。つまり、アドレナリンは興奮したり、緊張するような場面で分泌される物質ということです。


アドレナリンは生きるために必要な物質だった?

では、なぜアドレナリンが興奮するような場面で分泌されるのかについて見ていきましょう。私たち人間がまだ野生の時代、生きている間は常に命の危険がありました。

そのような時代では命は自分で守らなくてはいけません。生命の危機にさらされた時は「逃走か闘争」を瞬時に判断して行動しなくてはいけませんでした。たとえ、寝起きであっても、食後であっても生きるために行動しなくてはいけなかったのです。

実は、そんな「生命の危機」が訪れた時にアドレナリンが分泌されていたのです。アドレナリンが分泌されると、血管が拡張して血流が増加します。そのおかげで心身が覚醒します。また、心臓の筋肉の収縮力が増して負荷の高い運動や長時間の運動に耐えられるようになります。

そして、これらの作用が起きるおかげで、私たちは潜在能力を発揮して「逃走か闘争」を判断して実行し、命を守っていたのです。このようなことからアドレナリンは「生存本能に一種」とも言われています。

火事場の馬鹿力と呼ばれるものがありますよね。「家事が起きた時に高齢者が重たい金庫を背負って逃げ切った」とか「娘が車の下敷きになった時に母親が一人で車を持ち上げて娘を助けた」とかです。これらはアドレナリンが分泌されることで成せる技なんです。

本当は私たちの体にはそれぐらいのことができる能力があるとも言われています。しかし、私たちは日頃はその力を眠らせています。そのような100%に近い能力は体を壊してしまう危険性があるからだと言われています。

しかし、かなり興奮するような場面、生命の危機が危ぶまれる場面などではアドレナリンが分泌され潜在能力が引き出され、普段では考えられないような力を発揮できるようになります。


アドレナリンが分泌されるとどうなるのか?アドレナリンの作用や効果について

先ほどアドレナリンは生存本能の一種とも呼ばれていると解説しましたよね。実は、アドレナリンが分泌されると、私たちの体では「生き残るために必要な機能は向上」し、「それほど必要ではない機能は弱くなる」という現象が起きます。

生き残るために必要な機能のみに力を集中させて、生命の危機を回避するためです。具体的には筋肉や脳、心臓などの血管が拡張して多くの酸素や血が行き渡ります。そのおかげで、集中力、判断力、筋力、心肺機能が向上して高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

逆に、手足の指先などの末梢部分や頭皮、皮膚、消化器官などの運動にはあまり関係のない部分では血管が収縮して血行不良が起きます。そのため、アドレナリンの分泌が長時間に及んだ場合は、抜け毛や冷え性、頭痛、消化不良などの症状が現れることがあります。

スポーツ選手がよく言う「ゾーン」とは?

あなたも聞いたことがあるであろう「ゾーン」。これまでの解説でわかった方もいるとは思いますが、ゾーンに入るとは「アドレナリンが大量に分泌されて極限の集中状態になる」ことを言います。

要するに、火事場の馬鹿力ということですね。でも、ゾーン(極限の集中状態)に入ったことない方からしたら「それってどんな感じになるの?」と思いますよね。

スポーツ選手がゾーンに入った時によく言うのが、「ピッチャーが投げた球が止まって見えるほどスローモーションに見えた」とか「何をやってもうまくいく気がした」「自分が何をしたのか何を考えていたのかあまり覚えていない」などですね。


アドレナリンを分泌させ潜在能力を引き出しスポーツで高いパフォーマンスを発揮しよう!

これまでで、アドレナリンがスポーツで高いパフォーマンスを発揮するためには必要不可欠であることはご理解いただけたかと思います。しかし、「アドレナリンって出そうと思って出せるものなの?」って思ってる方もいるでしょう。

確かに、アドレナリンの分泌をコントロールしてゾーンに入るのは難しいです。ですが、アドレナリンの分泌をある程度コントロールすることはでるんです。スポーツ選手が使っている方法などもありますのでぜひ参考にしてください!

では、あなたがスポーツで高いパフォーマンスを発揮できるように、アドレナリンを分泌させる方法について解説いたします!

アドレナリンが分泌される時とは?

私たちの体には自律神経というものがあります。その自律神経を大まかに二つに分けると「交感神経」と「副交感神経」にわかれます。交感神経は興奮した時や緊張した時に活発になり、副交感神経はリラックスした時に活発になります。

アドレナリンには交感神経を刺激して心身を覚醒させる作用があります。「生命の危機」がおとずれた時に「逃走か闘争」を即座に行動して命を守るためです。

先ほど、交換神経が活発になるのは「興奮した時や緊張した時」と解説致しました。これはアドレナリンが分泌されて交換神経が刺激されるからです。つまり、アドレナリンが分泌される時とは「不安や恐怖を感じた時」「緊張した時」「興奮した時」「空腹の時」「運動している時」「怒っている時」「悲しい時」などなんですね。

スポーツで言えば、「試合に負けそうな時」「いいプレーができて喜んでいる時」「相手選手に腹が立った時」などにアドレナリンが分泌されやすくなります。


スポーツをする時にシャウトしてみよう!

一流のスポーツ選手が使っている方法で「シャウティング」というものがあります。簡単に説明すると「大声を出す」です。大声を出すと、興奮状態に入りやすく、アドレナリンが分泌されて筋力や集中力などがアップします。

ハンマー投げの選手がよく投げる時に「アァー!」など大声を出していますよね。あれは何の意味もなくやっているのではなく、「シャウティング」という方法を使っているんです。シャウトすることで記録を伸ばそうとしているんですね。

シャウティングによってどのくらい差が出るのかというと、100M走で残り10Mをシャウティングしながらゴールするのと、何もしないでゴールするのでは、シャウティングしたほうがタイムが速くなるようです。

常にシャウティングするのではなく、「100M走の残り10M」とか大事な場面で行うと効果的です。ぜひ、活用してみてください!

インターバルトレーニングで極限の集中力を発揮しよう!

トレーニングやスポーツをする時にアドレナリンを分泌させて高い集中力、高いパフォーマンスを発揮させたい場合「ダラダラしない」ことは非常に重要です。集中力が高まってきて、アドレナリンが分泌され始めたのに、合間合間に休憩を取りすぎると興奮や緊張が静まるのでアドレナリンの分泌が止まってしまいます。

なので、興奮や緊張、集中を途切らせないために「インターバルトレーニング」を取り入れるのが効果的です。インターバルトレーニングとは「10分間トレーニングして、2分間休憩、また10分間トレーニングする」といったようにトレーニング→休憩→トレーニングといった流れでトレーニングする方法です。

自分にタイムプレッシャーを与えることで、アドレナリンが分泌されやすく、集中力が高まりやすくなります。よく使われるとてもポピュラーな方法ですのでぜひお試しください。

新しいものを取り入れよう!

「ネオフィリア」という言葉をご存知でしょうか?これは私たち人間の全員が持っているある性質のことを言います。その性質とは「新しいもの好き」です。私たちの脳は「新しいものを求める」という性質を持っています。

例えば、新しいゲーム機やiphoneの新シリーズが発表された時なんかはお店の前に行列ができますよね。なぜ、あんなに新商品欲しさに行列ができるのでしょうか?

よく考えてみたら、新商品なんて必要ないはずなのに…だって旧シリーズでも十分な機能が備わっていて新しいものを買う必要なんてないですよね。冷静になれば必要ないものにあれだけの行列ができてしまう。

それはすべて「新しいもの好き」という我々全員が持っている「ネオフィリア」という性質のせいなんです。そして、逆に言うと「飽きっぽい」とも言えます。

なので、何か1つのスポーツをしていて「最近集中できないな」「飽きてきたな」と思ったら新しいことを取り入れてみましょう!例えば、「新しい練習方法を取り入れてみる」、「新しい練習着を買ってみる」「新しい道具を買ってみる」「いつもと違う練習場で練習してみる」など。

そうすれば、脳に新しい刺激が届くので、アドレナリンが分泌されやすくなり集中力が増して高いパフォーマンスを発揮できるようになるかもしれません。


エクストリームスポーツをしよう!

アドレナリンを分泌させる大きな鍵は「興奮」です。興奮するとアドレナリンが非常に分泌されやすくなります。なので、「エクストリームスポーツ」をするとアドレナリンの分泌に非常に効果的です。

エクストリームスポーツとは過激な要素を持ったスポーツの総称です。スカイダイビング、スノーボード、サーフィンバンジージャンプなどがそれに当てはまります。

スカイダイビングなどはかなり過激なので、アドレナリンがドバドバ分泌されます。仕事や人間関係などでかなりストレスがたまっている方にはオススメです。ストレス発散できてかなりスッキリできると思います。

自分でアドレナリンをコントロールするためにはモチベーションが大事

実は、アドレナリンを分泌させようと思うと「モチベーション」がかなり大事になってきます。なぜなら、外発的モチベーションではなく、内発的モチベーションでないと、アドレナリンをコントロールできないからです。

例えば、「締め切りまであと2時間なのに仕事が終わってない」とかだったら、かなり焦るので高い集中力を発揮して行動することができますよね。しかし、これではその仕事が終わった途端にアドレナリンの分泌が止まります。また、「期限までに仕事を終わらせなくてはいけない」という外発的モチベーションなので、あくまで一過性のものです。なので、その後に自分でアドレナリンの分泌をコントロールすることはできません。

しかし、これが内発的モチベーションの場合は一過性のものではなくなりアドレナリンの分泌をコントロールし、高い集中力、高いパフォーマンスを発揮することができます。

「あと30分で仕事を終わらせる」「この仕事で結果を出す」など内発的モチベーションで取り組むことによって、自分の意思でアドレナリンの分泌をコントロールし、高いパフォーマンスを発揮することができるようになります。

アドレナリンの分泌をコントロールするには、何よりも「好き」であることや「楽しい」「もっと頑張りたい」などのポジティブな感情が大切なんです。


スポーツをする前にアドレナリンを分泌させやすくする方法

もし、あなたがアドレナリンを分泌させて高いパフォーマンス、高い集中力を発揮したいのであればスポーツをする30分から1時間前に「カフェイン」をとってみてください。

カフェインには興奮作用があり、アドレナリンの分泌を助けてくれます。ただ、カフェインは摂取してから効果があらわれ始めるまでに30分〜1時間かかると言われていますのでスポーツをする直前ではなく逆算して摂取するようにしましょう。

カフェインは、コーヒー、ココア、チョコレート、栄養ドリンク(レッドブルなど)に多く含まれています。

ゾーンに入りやすくするために必要なこと

アドレナリンを分泌させて極限の集中状態である「ゾーン」に入るのはそう簡単なことではありません。しかし、やり方次第ではゾーンに入りやすくすることができます。

1.自分のために努力しよう!

アドレナリンを分泌させてゾーンに入るには「他人の評価」や「人の目」を気にしてはいけません。みんなに褒められたい、自慢したい、すごいって思われたいと思っていてはゾーンに入るのは難しいです。雑念に惑わされてしまいます。

とにかく「最高の自分」になることだけに集中しましょう。そうすれば、自然とアドレナリンが分泌されてゾーンに入りやすくなります。


2.今に集中しよう!

過去や未来のことばかり考えていては、アドレナリンを分泌させゾーンに入ることはできません。あなたが集中すべきは「現在」であり、現在に集中して高いパフォーマンスを発揮させたいはずです。

なので、未来や過去のことは一旦忘れて、現在だけのことを考え「現在の最高のパフォーマンスを発揮すること」だけを考えましょう。そうすればアドレナリンを分泌させゾーンに入りやすくなるはずです。

3.新しいことにチャレンジしよう!

自分がすでにできるようになったことや、うまくできることばかりをやっていては成長できません。また、先ほども解説して通り人間の脳には「新しいもの好き」という「ネオフィリア」という性質が備わっています。

同じことばかり続けていては脳が飽きてしまって、楽しくなくなったり、集中できなくなってきます。新しいことにチャレンジするようにしましょう!

その時のコツは「ちょっと頑張ったらできること」にチャレンジすることです。これも人間の脳の性質なのですが、難しすぎることにチャレンジすると「もう嫌だ」とか「つらい」という感情になってしまいます。なので、新しいことにチャレンジする時は「ちょっと頑張ったらできるレベル」のものにチャレンジしましょう。

そうすることで、脳が「楽しい」という風に感じます。そして、脳はその快楽を学習して、「もっとやりたい」と感じるようになります。結果的に、アドレナリンが分泌されやすくなり、ゾーンに入りやすくなりますので、ぜひお試しを!


4.とにかく毎日やろう!

「とにかく毎日やる」これが一番アドレナリンを分泌させてゾーンに入りやすくなる方法と言っても過言ではありません。なぜなら、脳の回路が強化されてゾーンに入りやすくなるからです。

一度アドレナリンが分泌させてゾーンに入ると、それを脳が記憶します。それが何度も繰り返されるとその回路がどんどん強化されてゾーンに簡単に入れるようになります。

また、時々ではなく、毎日やることが重要です。なぜなら、人間の脳が新たな回路を形成するためには経験や記憶が睡眠中に整理される必要があるからです。私たちの脳は毎日学習して、毎日整理しています。このことを「レミニセンス効果」と言います。

なので、週に3日、3時間ずつスポーツするよりも、毎日1時間だけスポーツする方が「集中してスポーツをする」という脳の回路が形成されます。

とにかく、毎日続けましょう。そうすることで、アドレナリンを分泌させて高いパフォーマンスを発揮するという回路が強化されてゾーンに入りやすくなります。

5.成功をイメージしよう!

「失敗したらどうしよう」とか「他の人に笑われたらどうしよう」などのネガティブな感情でスポーツを行うとアドレナリンが分泌されにくくなります。ネガティブな感情では興奮状態には入れずにテンションが下がってしまうからです。

なので、自分が成功している姿を強くイメージしてポジティブな感情になりましょう!「もっとできる」「絶対できる」と強く思い込みましょう。そうすることで自然にテンションが上がり、アドレナリンが分泌されてゾーンに入りやすくなります。

思い込みの力は絶大です。例えば、「無理矢理に笑顔を作れば脳が勘違いして幸福感が増す」なんてことも言われますよね。騙されたと思って「私は世界一だ」「絶対できる」と思い込んで見てください!


アドレナリンを分泌させて極限状態の集中に入るとスポーツがどんどん楽しくなる?

「アドレナリンジャンキー」という言葉をご存知でしょうか?日本語で言えば「アドレナリン中毒者」という意味です。実はアドレナリンにはある種の中毒性があります。

アドレナリンが大量に分泌されてスポーツを行うと、その後に気持ちよくなる物質が分泌されます。「車を運転していて事故を起こしかけたけどギリギリ大丈夫だった」「携帯を水に落としたけど、すぐに拾ったら大丈夫だった」時のように安心感に満たされることができます。

私たちの脳が「危険を回避した」と感じて、報酬システムが陶酔感や平和を感じる物質を分泌させるからです。だから、アドレナリンが分泌されてスポーツをおこうと恍惚感にひたることができ、ストレスを解消することができます。

その結果、脳がもっと報酬システムの出す物質を求めるようになります。「スポーツをしたら気持ちよくなれる」と記憶するんですね。あなたの脳がこの報酬システムとスポーツを強く結びつければつけるほど、スポーツが魅力的だと感じるようになります。

そして、スポーツがどんどん楽しくなって、スポーツをせずにはいられないほど好きになっていきます。

アドレナリンの過剰分泌には要注意!?アドレナリンの副作用やデメリットとは?

これまで、アドレナリンの良い面にばかり触れてきました。しかし、実はアドレナリンには副作用やデメリットが存在します。アドレナリンの過剰分泌には注意が必要なんです。

血管が傷つく恐れがあり、病気を発症する可能性がある

アドレナリンが分泌されると血圧が上昇します。これ自体はスポーツなどの一時的な場面であれば健康にも良いのであまり問題はありません。しかし、ストレスが長く続くと常に血圧が高い状態が続いてしまうので、高血圧症になってしまう恐れがあります。

そうなると血管に傷が入ってしまい、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、くも膜下出血、などの重大疾病に繋がる恐れがあります。

睡眠障害を引き起こす可能性がある

アドレナリンが分泌されると交感神経を刺激します。交感神経が優位になった状態では眠れなくなります。脳や体が覚醒してしまうせいです。質の高い睡眠をとるためには副交感神経が優位になった状態にする必要があります。

アドレナリンが分泌され続けることで睡眠の質の低下、不眠症などを引き起こしてしまいます。


うつ病やPTSDを発症する恐れがある

アドレナリンの良い面だけを見ると、「常に分泌させることができたら最高じゃん!」と思ってしまいがちです。しかし、アドレナリンは常に分泌させ続けられるものかというとそうではありません。

アドレナリンは分泌されすぎると、アドレナリンの原料が不足してアドレナリンの分泌が枯渇してしまうことがあります。

基本的にはアドレナリンが分泌されると、抑制ホルモンであるセロトニンがアドレナリンの分泌を沈静化してくれます。しかし、長期間避けようのないストレスにさらされると、やがてセロトニンが不足してアドレナリンを沈静化できなくなります。すると、アドレナリンの分泌もできなくなります。

また、セロトニンは「心の平穏」や「心身の安定」を担っていますので、不足すると「無気力」「無関心」「感情鈍麻」などの重度の抑うつ症状が現れ、戦ったり逃げたりすることができなくなってしまうんですね。

これは生き物にとって「最後の救い」とも言われています。どうしようもないストレスに長期間さらされた結果、完全な降伏と受身の態勢をとり、「静かに捕食者の餌食となる」という野生の名残なんですね。

しかし、現代社会でこんな状態になるのはかなり問題ですよね。このような状態になるのはなかなかないことですが、ある一部の方々はこのような症状に悩まされています。それが「戦争経験者」です。

戦争では常に「生きるか死ぬか」の強いストレスにさらされます。そのせいで、「無気力」「無関心」「感情鈍麻」などの重度の抑うつ症状、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などに悩まされる方が多いようです。

アドレナリンの過剰分泌には気を付けましょう!

いかがでしょうか?アドレナリンにこのような副作用やデメリットがあることはご存知でしたでしょうか?アドレナリンの過剰分泌には気をつけるようにしましょうね。

でも、実はアドレナリンには他にもデメリットや副作用が存在します。詳しくは下の記事にまとめていますので、気になる方はご確認ください。

↓↓↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >