このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

>
>
アドレナリン分泌方法とは?アドレナリンを分泌させてあなたの潜……

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

アドレナリン分泌方法とは?アドレナリンを分泌させてあなたの潜在能力を引き出そう!

アドレナリンとは?

私たち人間には自律神経というものがあり、これを大まかに2つに分けると「副交感神経」と「交感神経」に分けられます。アドレナリンはこの2つの神経のうち、「交感神経」が優位になった時に「副腎髄質」から分泌されるホルモンの1つです。

「副交感神経」は家にいる時などのリラックスしている時に優位になり、「交感神経」はホラー映画を見ている時など恐怖を感じたり、興奮している時に優位になります。

つまり、アドレナリンとは恐怖を感じたり、興奮していたり、緊張している時に分泌される物質ということです。

また、アドレナリンは神経伝達物質の一つでもあります。

アドレナリンが分泌されると何が起こるのか?

アドレナリンが何なのかについては学べましたね!では、次にアドレナリンが分泌されると私たちの体に何が起こるのか?それについて学んでいきましょう!

血管が拡張して血流が増加する

アドレナリンが分泌されると血管が拡張して、血流が増加します。血液は酸素や栄養を体の隅々まで運んでくれる重要なものです。なので、生命の危機を回避するためには「血」が必要不可欠なんですね。

血流を増加させることで、全身に酸素を行き渡らせ持久力をアップさせたり、筋力をアップさせる効果があります。


一部の血管は収縮して血流が悪くなる

アドレナリンが分泌されると、手足の指先や、皮膚、頭皮などの体の末梢部分、消化器官などの「生命の危機」を回避するのにあまり重要ではない部分では血管が収縮して血流が悪くなります。

命を守るために必要ではない部分では機能を弱めて、必要な部分の機能を高めるためです。

気道が広がり、呼吸数が増え、心肺機能が高まる

アドレナリンが分泌されると、気道が広がり一回で体に取り込む酸素量が増えます。また、呼吸が荒くなり呼吸数も増えます。このように心肺機能が向上することで持久力がアップします。

このおかげで捕食者に狙われた時も高い持久力を発揮して逃げ切ることができたり、長い時間戦えるようになります。


血圧が上昇して心臓の働きが活発になる

アドレナリンが分泌されると、リミッターが外れ潜在能力が引き出されますので身体能力が向上します。また命を守るほどの高いパフォーマンスを発揮しなくてはいけないので体にかかる負荷はかなり強いものになります。

そのような強い負荷にも耐えられるように血圧が上昇して心臓の働きが活発になります。

鎮痛作用があり痛みをあまり感じないようになる

アドレナリンが分泌されると痛覚が麻痺します。なので、あまり痛みを感じないようになります。これは捕食者に狙われた時に怪我を負っても逃走か闘争を実行し続けるためです。

しかし、痛みを感じなのはアドレナリンが分泌されている時だけで、分泌が止めると痛みが襲ってきます。永遠に痛みを感じないわけではありません。


筋力がアップする

アドレナリンが分泌されると筋力がアップします。また、筋肥大も起きます。このおかげで普段では発揮できないような力を発揮することができます。よく火事場の馬鹿力と言いますよね。これはアドレナリンの分泌されるおかげで起きる現象です。

「家事が起きた時にかなり重たい金庫を老人が一人で抱えて逃げ切った」なんて例もあるようです。アドレナリンが分泌されると普通では考えられないような力を発揮することができます。

血糖値が上昇する

アドレナリンが分泌されると、肝臓や筋肉に蓄えられているグリーコーゲンをブドウ糖に分解するのが促進されます。

また、同時に血糖値を下げるインスリンの分泌を抑制するので血糖値が上昇します。 血糖値が上がることで脳の覚醒が保たれるので集中力や判断力が向上します。筋肉を動かすのにグリコーゲンは必要なので継続した運動ができるようになります。


アドレナリンの特徴とは?

ここまでで、アドレナリンについてと効果や作用については学べましたね。では、次にアドレナリンの特徴について学んでいきましょう!

アドレナリンの分泌は長くは続かない

アドレナリンの分泌は長くは続きません。長く続いても約2時間程度だと言われています。なぜなら、アドレナリンの分泌は体にダメージを与えるからです。リミッターを外し潜在能力を最大限まで引き出すので体に強い負荷がかかってしまうんですね。

なので、緊急時にしかアドレナリンは分泌されないような仕組みになっています。

人間の三大欲求をも抑える強い作用を持つ

アドレナリンは人間の三大欲求である「性欲」「食欲」「睡眠欲」をも抑えつける強い作用があると言われています。このことから、アドレナリンは「生存本能の一種」とも言われています。

また、「食欲」を抑えつけるほどの効果があるのでアドレナリンが分泌されている時は空腹をあまり感じません。なので、アドレナリンにはダイエット効果もあります。


アドレナリンが分泌される時とは?

アドレナリンはストレスに反応して分泌されます。具体的には以下のような場合でアドレナリンの分泌が起きやすいです。

命の危険を感じた時
強い不安や恐怖を感じた時
かなり興奮した時や怒りを感じた時
とても悲しい時
運動をしている時
お腹が減っている時
プレッシャーを感じた時

このように外部からのストレスを感じた時にアドレナリンの分泌が起きます。特にアドレナリンの分泌が起きやすいのは「追い込まれた時」です。追い込まれてもうどうしようもない状態になった時はアドレナリンの分泌が起きます。

アドレナリンを分泌させる方法をご紹介!

アドレナリンは「生命の危機」を回避するための物質ですが、うまく分泌させれば私たちに多きなメリットを与えてくれるありがたい物質です。とはいえ、そう簡単に分泌させることはできません。(範馬刃牙はいとも簡単にアドレナリンを分泌させますが…w)

ですが、絶対にアドレナリンの分泌をコントロールできないわけでもないんです。分泌を促す方法を学んで実行すれば不可能ではありません。なので、アドレナリンの分泌方法を学んでハイパフォーマンスを発揮できるように頑張りましょう!


アドレナリン分泌方法1:筋トレをしよう!

筋トレには興奮作用があるのでアドレナリンの分泌を促してくれます。そして、アドレナリンが分泌されることで筋力や集中力がアップするので、筋トレの効果も高まります。

アドレナリン分泌方法2:音楽を聴いて興奮しよう!

好きな音楽を聴くと興奮しますよね?なので、音楽にはアドレナリンの分泌を助けてくれる効果があります。音楽を聴くときはイヤホンやヘッドホンを使うと良いでしょう。

周りの音をシャットダウンしてくれるので自分の世界に入ることができるからです。そうすれば、周りを気にせず自分自身に集中できるのでオススメです。

筋トレをしている時や、運動している時、勉強している時に音楽を聴くとより効果的です。


アドレナリン分泌方法3:カフェインが含まれている飲み物を飲もう!

カフェインには興奮作用や心身の覚醒作用があるのでアドレナリンの分泌を助けてくれます。カフェインが多く含まれている飲み物はコーヒーや栄養ドリンク、ココアなどです。

カフェインの効果があらわれ始めるのは摂取してから30分〜1時間後と言われていますので、アドレナリンを分泌させたい時間を逆算して摂取すると良いでしょう。

アドレナリン分泌方法4:タイムプレッシャーをかけよう!

タイムプレッシャーをかけるとアドレナリンが分泌されやすくなります。「夏休みの宿題を最終日まで残してしまって、追い込まれたあげくかなりの集中力を発揮して1日で終わらせた」「仕事で締め切り間近だったので慌てて終わらせた」なんて経験ありませんか?

人間の脳は追い込まれるとかなりの集中力を発揮できるようになっています。なので、「あと30分でこの仕事を終わらせる」とか「50分間は勉強する」などタイムプレッシャーを自分自身にかけると良いでしょう。

アドレナリン分泌方法5:勝負事でハラハラドキドキしよう!

ハラハラドキドキしている時はアドレナリンが非常に分泌されやすい状態です。スポーツの勝ち負けが決まるような重要な場面でハラハラドキドキした経験ありませんか?その時、結構興奮していますよね?

実は、あの時あなたの脳ではアドレナリンが分泌されているんです。ギャンブルやスポーツ、ゲームなどの勝負事をすると良いでしょう。しかし、必ずしも自分でする必要はありません。誰かがしているのを見たり、応援したりするだけでもアドレナリンの分泌は促されます。

アドレナリン分泌方法6:新しいことに挑戦しよう!

人間の全ての脳には「新しいもの好き」という性質が備わっています。これを「ネオフィリア」と言います。誰もが新しいもの好きなんですね。

「最近退屈だな」「飽きてきたな」と感じたら新しいことに挑戦してみましょう!そうすればアドレナリンが分泌されて「最近楽しい!」とあなたの人生も輝いてくるでしょう。


アドレナリン分泌方法7:エクストリームスポーツで非日常を体験しよう!

ジェットコースターやスカイダイビングなどのエクストリームスポーツではアドレナリンがドバドバ分泌されます。かなりの興奮状態に入れるのでオススメです。

ただしやりすぎると慣れてしまって興奮しなくなる可能性もありますのでご注意を。

アドレナリン分泌方法8:ワクワクする目標を立てよう!

ワクワクする目標を見つけることはアドレナリンの分泌を促す上で非常に大事です。なぜなら、アドレナリンは「外発的なモチベーション」ではなかなか分泌されないからです。

「外発的なモチベーション」とは、例えば「上司から指示された仕事」や「監督から指示された練習」などです。「言われたからやらなくちゃ…」という状態ではネガティブな要素が入っているのでアドレナリン分泌が難しくなってきます。

なので、「内発的モチベーション」を持つことが大事です。「自分自身のためにやる」「この目標を達成するために頑張る」などの「内発的モチベーション」を持つようにしましょう!このようなポジティブな感情を持てばアドレナリンが分泌されハイパフォーマンスを発揮できるようになります!


アドレナリン分泌方法9:大声を出してみよう!

実は、大声を出すとアドレナリンの分泌が促されることがわかっています。よくハンマー投げの選手が「アァー!」と大声を出して投げますよね。

あれはただ大声を出しているのではなく、アドレナリンの分泌を促してより遠くへ飛ばすためにやっているんです。

アドレナリン分泌方法10:熱めのシャワーを浴びよう!

42度以上の熱めのシャワーを浴びることで交感神経の働きが盛んになり、アドレナリン分泌も盛んになります。なので、運動前に42度以上の熱めのシャワーを浴びると効果的です。ぜひ、お試しください。

アドレナリン分泌方法11:インターバルトレーニングをしよう!

アドレナリンは興奮して交感神経が優位になっている時に分泌される物質です。なので、長い休息をとって興奮が冷めてくるとアドレナリンの分泌が収まります。

なので、休息を短して短時間で集中的にトレーニングする「インターバルトレーニング」がオススメです。やり方は「10分間トレーニング→2分休憩→10分間トレーニング」という風にトレーニングと休息を繰り返すだけです。

タイムプレッシャーを取り入れながら行うので、次第に集中力も高まっていくのでアドレナリンの分泌が促されます。長い時間ダラダラ行うよりも、インターバルトレーニングの方が効果的ですのでぜひお試しください!


アドレンリンには副作用もあるのでご注意を!

アドレナリンは私たちに大きなメリットを与えてくれる反面、過剰に分泌されると副作用もあります。例えば、血圧を上昇させる作用があることから「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」などを引き起こしたりする可能性があります。

他にも、睡眠障害やうつ病、PTSDなんかも引き起こしてしまう可能性があります。これはあくまでも強いストレスに長く晒されて過剰分泌が起きた時に起こりうる副作用ですので、適度に分泌されている分には何も問題はないかと思います。

アドレナリンの副作用については下記の記事に詳しくまとめていますので気になる方はご確認ください。

↓↓↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >