このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

>
>
アドレナリンを分泌させる音楽まとめ!音楽を聴くとなぜアドレナ……

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

アドレナリンを分泌させる音楽まとめ!音楽を聴くとなぜアドレナリンが分泌されやすくなるのか?

アドレナリンとは?

アドレナリンとは、前駆体であるノルアドレナリンなどが交感神経に作用し、交感神経が優位になった時に副腎髄質から分泌されるホルモンの1つです。

交感神経は興奮した時や、緊張した時に活性化しますので、アドレナリンは面接などの緊張する場面、スポーツ試合中などの興奮する場面で分泌されるホルモンということです。

また、私たちの体には「自律神経」というものがあり、大まかに分けると「副交感神経」と「交感神経」の2つに分けられます。今説明したように、交感神経は緊張した場面や興奮するような場面で活性化します。逆に副交感神経は家にいる時や、マッサージを受けている時などリラックスするような場面で活性化します。

緊張しながら、リラックスはできないのでこの2つの神経が同時に活性化することはありません。基本的に私たちが生きている間はこの2つのどちらかの神経が優位になっている状態です。


アドレナリンは野生時代の名残でもある

私たち人間が野生の時代は弱肉強食の世界で生きてました。「生命の危機」に遭遇することも珍しくはない世界です。実は、アドレナリンが分泌されることで「生命の危機」を回避することができていたんです。

アドレナリンが分泌されると、「心身の覚醒」「血管の拡張」「血流の増加」「心臓の筋肉の収縮力の増加」「心肺機能の向上」などの作用があります。これらの作用のおかげで身体能力し、「生命の危機」を回避することができていたんです。捕食者が現れても「逃走か闘争」を実行して命を守ることができていたんですね。

よくライオンやチーターに追われる草食動物の映像を見ますよね。あの草食動物たちはライオンやチーターよりも早いスピードで逃げ切ります。あれもアドレナリンのおかげなんです。人間も捕食者に追われた時はあのようにアドレナリンを分泌させ命を守っていたんですね。

このようなことからアドレナリンは「生存本能の一種」とも言われています。アドレナリンが分泌されている間は人間の三大欲求である「性欲」「食欲」「睡眠欲」をも抑えるほどの強い作用があるようです。

ハイパフォーマンスを発揮するにはアドレナリンは必須!?

私たちは普段の生活で100%の力を発揮していません。なぜなら、100%の力を発揮してしまうと体が壊れてしまうからだと言われています。

でも、アドレナリンを分泌させることができればこのリミッターを外し、あなたの潜在能力を引き出すことができます。火事場の馬鹿力というものを聞いたことがありますよね?「母親が車の下敷きになった子供を助けるために一人で車を持ち上げた」とかいうものです。

これもアドレナリンのおかげなんです。アドレナリンが分泌されるとびっくりするほどの力を発揮することができます。逆に言うと、「本当は女性でも車を一人で持ち上げられるほどの力を持っている」ということにもなりますが。

なぜ、アドレナリンが分泌されるとこんな力を発揮できるのかというと、その作用の仕方に秘密があります。アドレナリンが分泌されると血管が拡張して身体能力が向上しますが、体の一部では血管が収縮します。

収縮するのは、生命の危機を回避するのにそれほど重要ではない部分である「手足の指先」「頭皮や皮膚」などの末梢部分や「消化器官」などです。これらのあまり重要ではない部分では血管が収縮して血行不良が起きます。

必要ではない部分の機能は弱めて、その分重要な部分である「筋肉」「心臓」「肺」などに力を集中させるんです。このおかげで驚くべき力を発揮できるようになるんですね。


音楽を聴くと、なぜアドレナリンが分泌されやすくなるのか?

もし、あなたがアドレナリンを分泌させて潜在能力を引き出してハイパフォーマンスを発揮したいのであれば音楽を聴くことはかなり効果的です。音楽はアドレンリンの分泌を助けてくれます。スポーツ選手が試合前に音楽を聴いているのを見たことあるでしょうか?

あれは音楽を聴くことで集中力を高めてアドレナリンを分泌させようとしているんです。では、具体的になぜ音楽がアドレナリンを分泌させてくれるのかについて見ていきましょう!

周りの音をシャットダウンできる

音楽を聴いてアドレナリンを分泌させたい時は「イヤホン」や「ヘッドホン」をすることをお勧め致します。「周りの音をシャットダウン」できるからです。

実は、アドレナリンを分泌させる鍵の一つが「自分自身に集中する」ことなんです。他人の意見や他人の行動、ライバルの結果などを気にしていてはアドレナリンの分泌がうまくいきません。周りのことは気にせずに「自分自身のために頑張る」「自分の目標のために頑張る」「自分のベストを出す」ということが大事なんです。

自分にのみ集中する状態を作り上げることが大事なんです。だから、「周りの音をシャットダウン」することが効果的なんです。


音楽を聴くと興奮できる

音楽には興奮作用があるのでアドレナリンの分泌を助けてくれます。なぜなら、アドレナリンは興奮状態に入り交感神経が優位になった時に分泌される物質です。なので、まずは興奮状態に入る必要があるんですね。

具体的には、アドレナリンの前駆体であるノルアドレナリンが交感神経を刺激することでアドレナリンの分泌が促されます。流れとしては、「音楽を聴く」→「ノルアドレナリンが分泌される」→「アドレナリンが分泌される」という感じで覚えてもらえればいいです。

これらのことから、音楽を聴いてアドレンリンを分泌させたい時は「興奮できる音楽」を聴くことが効果的です。

音楽を聴くとリラックスできる

音楽には一定のリズムがあります。また、イヤホンやヘッドホンで聴くことで自分の世界に入ることもできます。これらのことから、興奮と同時にリラックスすることもできます。

実は、最高に集中して最高のパフォーマンスを発揮するにはリラックスすることが大事なんです。リラックスした状態で高い集中力を発揮できている状態を「フロー」と言います。

かなりの興奮状態であってもアドレナリンの分泌は起きます。しかし、それの問題点は「冷静さを欠く」ことです。アドレナリンには攻撃性を向上させる作用もありますので、かなりの興奮状態でアドレナリンの分泌が起きると自分自身を制御できなくなってしまいます。

それでは冷静さを欠いて判断ミスを犯してしまいます。なので、高いパフォーマンスを発揮したいのであれば、「興奮しつつも、冷静である」という状態になる必要があるんです。

音楽にはリラックス効果もあり、セロトニンの分泌を促してくれます。セロトニンはアドレナリンなどの暴走を抑えてバランスをとってくれる大切な物質です。興奮と同時にセロトニンが分泌されることで興奮しつつも、冷静であり、高い集中力を発揮している「フロー」の状態から潜在能力を最大限まで引き出してくれる「ゾーン」という状態に入りやすくなります。

「ゾーン」に入ることができれば、自分でもびっくりするぐらいの高いパフォーマンスを発揮できるようになります。「ゾーン」に入るための鍵は「フロー」の状態になることです。ただただ興奮するだけではなく、「興奮しつつも、冷静である」状態を目指しましょう!


前駆体であるノルアドレナリンやセロトニンが分泌されやすくなる

アドレナリンの前駆体はノルアドレナリンという物質です。前駆体とは簡単に言うと「ノルアドレナリンが分泌されないと、アドレナリンは分泌されません」ということです。音楽には興奮作用があり、ノルアドレナリンの分泌を促してくるので、アドレナリンの分泌に効果的です。

また、興奮と同時にリラックス効果があり、セロトニンの分泌も促します。セロトニンがアドレナリンやノルアドレナリンの過剰分泌を抑え、「興奮しすぎて、制御できない」という状態になるのを防いでくれます。

テンションが上がる曲を聴いてアドレナリンを分泌させよう!

さて、本題である「アドレナリンを分泌させる音楽」の紹介に入ります!誰もが聞いたことある曲からあまり知られていない曲なんかも紹介しますので、ぜひ参考にしてください!これらの曲を聴いてアドレナリンを分泌させましょう!

テンションが上がる洋楽メドレー

Aerosmith & RUN DMC – Walk This Way

Queen – We Will Rock You

Queen – We Are The Champions

Garbage – Push It

Aerosmith – I Don’t Want to Miss a Thing


Avril Lavigne – Complicated

やる気・モチベーションを上げる。行動に対する不安を消す。作業用BGM

【作業用BGM】トレーニング中に聴く!めちゃテンションあがるBGM!

【重低音】テンション上がるド定番EDM集 ⚠ 絶対にテンションが上がる神洋楽メドレーBEST 2017 #4

Charli XCX – Break The Rules

PSY – GANGNAM STYLE(강남스타일) M/V

LMFAO – Party Rock Anthem ft. Lauren Bennett, GoonRock


Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars

Pharrell Williams – Happy

ustin Mahone – Dirty Work

Avril Lavigne – Girlfriend

Spice Girls – Wannabe

MC Hammer – U Can’t Touch This

Austin Mahone – Mmm Yeah ft. Pitbull


アドレナリンを分泌させるのは洋楽だけじゃない!アニソンでもOKですよ

いかがでしょうか?もし、お気に入りの音楽があったら聞いてみてください!これまで紹介したのは洋楽がほとんどですが、アドレナリンを分泌させるのは必ずしも洋楽っていうわけではありません!

結局は、「いかに自分が好きな音楽であり、興奮できる音楽であるか」が大事です!自分で聞いていて興奮できる音楽であれば何でも良いってことです。アニソンでも、邦楽でも、洋楽でも。

あなたも自分のテンションが上がる音楽を聴いて、アドレナリンを分泌させましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >