このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

>
>
アドレナリンの働きとは?アドレナリンは何のために分泌されてど……

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

アドレナリンの働きとは?アドレナリンは何のために分泌されてどんなことが起きるの?

アドレナリンとは?

アドレナリンとは別にエピネフリンと呼ばれているものがあります。でも、実はエピネフリンとアドレナリンは全く同じものです。同じ物質なのになぜ違う呼び方をするのか?それには歴史的背景が存在します。

最初にアドレナリンを命名したのは日本人の高峰譲吉博士という方です。しかし、高峰譲吉博士の死後、アメリカ人学者ジョンエイベルもアドレナリンの結晶化に成功したと発表しました。そして、それをエピネフリンと命名しました。更には高峰の研究は盗作であったとの主張をしたんです。

ジョンエイベルの主張がゴシップを生み、アメリカではアドレナリンではなく「エピネフリン」という呼び方が浸透してしまったんです。日本でも欧米に倣う形で長らくエピネフリンの名前が使われていました。

ですが、高峰博士の業績を正しく評価しようという機運が高まり、2006年になって日本薬局方が名前をエピネフリンからアドレナリンに正式に変更されたそうです。


アドレナリンは緊張と興奮のホルモン

アドレナリンとは、前駆体であるノルアドレナリンなどが交感神経に作用し、交感神経が優位になった時に副腎髄質から分泌されるホルモンの1つです。

交感神経は興奮した時や、緊張した時に活性化しますので、アドレナリンは面接などの緊張する場面、スポーツ試合中などの興奮する場面で分泌されるホルモンということです。

また、私たちの体には「自律神経」というものがあり、大まかに分けると「副交感神経」と「交感神経」の2つに分けられます。今説明したように、交感神経は緊張した場面や興奮するような場面で活性化します。逆に副交感神経は家にいる時や、マッサージを受けている時などリラックスするような場面で活性化します。

緊張しながら、リラックスはできないのでこの2つの神経が同時に活性化することはありません。基本的に私たちが生きている間はこの2つのどちらかの神経が優位になっている状態です。

アドレナリンとは神経伝達物質の1つ

アドレナリンは「ノルアドレナリン」「ドーパミン」「セロトニン」など100種類以上あると言われている「神経伝達物質」の1つです。

アドレナリンを「脳内麻薬」という呼び方をする時もあります。


アドレナリンの本来の働きとは?

アドレナリンは分泌されると「集中力」「判断力」「注意力」「身体能力」などを向上させる作用を私たちに与えてくれますが、本来はなんのために分泌されていたと思いますか?

実は、「命を守るため」に分泌されていたんです。私たち人間が野生の時代はいつ捕食者に襲われてもおかしくない状態です。そして、捕食者に狙われた時は「逃走か闘争」のどちらかを選択して実行しないと命を守ることはできません。

つまり、捕食者よりも速いスピードで逃げるか、強い力で戦う必要がありました。そうしないと生きていけなかったんです。アドレナリンが分泌されることで脳の血流が増えて「心身の覚醒」や「集中力」「判断力」「注意力」が向上するので「逃走か闘争」のどちらかを瞬時に判断することができます。

そして、「心肺機能」「身体能力」が向上することで「逃走か闘争」のどちらでも実行することができていたんです。今の私たちがいるのはアドレンリンが分泌されることで先祖が命を守ることができていたからなんです。

アドレナリンにはこのような背景があることから「生存本能の一種」とも言われています。また、アドレナリンが私たちに与える作用はとても強いもので、アドレナリンが分泌されている間は人間の三大欲求である「食欲」「性欲」「睡眠欲」をも抑えつけると言われています。

アドレナリンが分泌される時とは?現代社会ではストレスに反応してアドレンリンは分泌される

現代社会では生命の危機に遭遇することなんてほとんどありませんよね。では、アドレナリンはどのような時に分泌されるのか?それは、ストレスを受けた時です。現代社会でアドレナリンはストレスに反応して分泌されます。

イライラ、不安、恐怖、緊張、怒りなどのストレスです。また、アドレナリンが分泌される鍵は「ストレス」だけではなく、運動やトレーニング、スポーツなどで体を追い込んだ時にも分泌されます。

一流のスポーツ選手が普段の自分の力を超えた力を本番の試合で発揮するようなことありますよね。例えば、オリンピックで世界記録を塗り替える場面など。あれは、緊張と興奮が入り混じり、大量のアドレナリンが分泌されることで、自分のちからを限界まで引き出せたおかげなんです。

アドレナリンはストレスに対抗するために必要不可欠な物質とも言えます。


アドレナリンはあなたの潜在能力を引き出してくれる

アドレナリンが分泌されると、以下の作用によって身体能力が向上し潜在能力を引き出すことができます。

血管の拡張/気道の拡張/心筋の収縮力向上/呼吸数増加/血流増加/筋肥大/鎮痛効果/血糖値上昇/心拍数増加/血圧上昇/脂肪の分解促進/消化機能抑制/末梢部分の血管収縮/

まず、血管が拡張することで血流が増加し酸素の供給量が増加します。特に筋肉内への血流が増加するので筋力がアップします。しかし、手足の指先や頭皮、皮膚などの末梢部分では血管が収縮してしまいます。これはこれらの部分が生命の危機を回避するのに重要ではないからです。

アドレナリンが分泌されると生命の危機を回避するのに重要な脳や心臓、筋肉などでは血管が拡張しますが、重要ではない部分では収縮します。重要な部分の機能は高めて、重要ではない部分の機能は弱めるんです。逃走か闘争に常用ではない消化器官の機能も弱まります。

また、呼吸数の増加や気道の拡張も起きることから取り込む酸素量が増えるので持久力も向上します。

アドレナリンが活躍する場面

ここまで解説してきた通り、アドレナリンは私たちに多くのメリットを与えてくれます。仕事でアドレナリンを分泌させることができれば集中力、判断力等が向上するのできっと仕事で成果をだせるようになるでしょう。

運動中に分泌させることができれば筋力アップや持久力アップの効果を得ることができるので高いパフォーマンスを発揮することができるようになります。

また、ダイエットにも効果的です。アドレナリンには脂肪燃焼の効果がありますので、効果的にダイエットを行うことができます。

アドレナリンの分泌方法とは?

アドレナリンは興奮状態に入り、交感神経が優位になった時に分泌される物質です。なので、交感神経を優位にさせる必要があります。アドレンナリンを分泌させるのにオススメの方法は以下の方法です!

カフェインを摂取する/お気に入りの音楽を聴く/エクストリームスポーツをする/スポーツ観戦をする/運動をする/熱いシャワーを浴びる/大声を出す/目標を立てる/タイムプレッシャーをかける

これらの方法を使えば、アドレナリンが分泌されやすくなります。ぜひお試しください。これらの方法の詳細については下記の記事にまとめていますのでご確認ください。

↓↓↓↓


アドレナリンの過剰分泌には気をつけよう!

アドレナリンには血管の拡張や血圧上昇、心身の覚醒などの効果があることから副作用も存在します。過剰分泌に陥ってしまうと、「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」「睡眠障害」「PTSD」などを引き起こしてしまう可能性があります。

過度なストレスに長時間さらされ続けると過剰分泌が起きてしまうので気をつけましょう!ストレスが溜まってるなーと思ったらしっかり休息をとるようにしましょうね!アドレナリンの副作用や過剰分泌の詳細については下記の記事にまとめていますのでご確認ください。

↓↓↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >