このサイトはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや作用、分泌方法などを動画や記事で学べるアドレナリンとノルアドレナリンまとめサイトです。

アドレナリンとノルアドレナリン.com

アドレナリンとノルアドレナリン.comをSNSでシェアする

アドレナリンの出し方をご紹介!アドレナリンを意識的に出して人・・・

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴とは?ドーパミンは物事を・・・

ノルアドレナリンとは?ノルアドレナリンはやる気や集中力、うつ・・・

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?名前は似てても作用・・・

アドレナリンを増やす食べ物と飲み物とは?アドレナリンを分泌さ・・・

アドレナリンとノルアドレナリン.com

アドレナリンとノルアドレナリン.comとは?

「アドレナリンとノルアドレナリン.com」とはアドレナリンとノルアドレナリンの違いや、違いや作用、分泌方法などをまとめた情報サイトです。

記事だけではなく、医師の見解や、動画なども掲載しています。数あるアドレナリンとノルアドレナリンの情報の中から厳選された信頼ある情報のみをまとめていますので、ぜひお役立ください。

また、アドレナリンについて知っている方は多いと思います。

スポーツの場面や何か興奮した時に分泌されるものとの認識がありますよね。そして、アドレナリンによく似た名前のノルアドレナリンというものがあります。こちらを知っている人は少ないのではないのでしょうか?

この2つの物質には名前が似ているほか、血圧を上昇させたりなど似ている部分が多いです。これからこの2つの物質の作用や違いなどについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

アドレナリンとは?

アドレナリンとは交感神経が優位になった時に副腎髄質から分泌されるホルモンの1つです。

私たち人間の体には自律神経というものがあり、大きく分けると「副交感神経」と「交感神経」の2つに分けられます。

副交感神経はリラックスしている時に活性化して、交換神経は興奮した時や緊張した時に活性化します。

緊張しながらリラックスはできないので、この2つの神経が同時に活性化することはありません。基本的に人間はこの2つの神経のどちらかが活性化している状態でバランスをとっています。

つまり、アドレナリンとは興奮した時や緊張した時、そのような状態になる場面で分泌される物質ということになります。

アドレナリンとは生存本能の一種!?

本来、アドレナリンの分泌は命の危険が迫った時などに分泌されるものだと言われています。例えば、うさぎがライオンに狙われた時など。

そのような命の危険が迫った時に「戦うのか?」「それとも逃げるのか?」を瞬時に判断し、即座に実行するために分泌されるものだそうです。

「危険から身を守れ!」と体に命令するような物質と言うことですね。また、アドレナリンには強い作用があると言われており、分泌されている時は人間の三大欲求「食欲」「性欲」「睡眠欲」をも制限するほどの力を持っているそうです。

人間社会ではストレスにアドレナリンは反応する

先ほどまでの解説でアドレナリンは生命の危機が迫った時に分泌されるものだと説明いたしました。

しかし、現代の人間社会ではどうでしょうか?生命の危機にさらされるような場面はそうそうないですよね。野生動物であれば弱肉強食の世界で生きていますので、生命の危機にさらされる場面は多いでしょう。

では、現代の人間社会でアドレナリンが分泌されることはなくなったのか…?

いいえ。アドレナリンは分泌されます。生命の危機と代わり、現代社会の人間がアドレナリンを分泌される鍵となるのは「ストレス」なんです。

「ストレス」は「生命の危機」とかけ離れているイメージがあると思います。ですが、イライラ、不安、恐怖、緊張などのストレスでアドレナリンは分泌されます。

また、アドレナリンが分泌される鍵は「ストレス」だけではなく、運動やトレーニング、スポーツなどで体を追い込んだ時にも分泌されます。

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンという名前に聞き覚えがある人は多くても、ノルアドレナリンという名前に聞き覚えのある方は少ないと思います。

ノルアドレナリンとは、ドーパミンやセロトニンなどと同じ、神経伝達物質です。また、副腎髄質ホルモンの1つでもあります。

ノルアドレナリンはストレスに反応して脳内で分泌されます。交感神経に作用して心身の覚醒や興奮、集中力や判断力、身体能力を高めてくれます。

もっと優しい言葉で解説すると「やる気」「集中力」「意欲」などを高めてくれるのがノルアドレナリンです。しかし、これらの良い作用の反面、「不安」「恐怖」「緊張」などのネガティブな感情とも深い関わりを持っています。ノルアドレナリンは別名「怒りのホルモン」とも呼ばれています。

ワンポイント豆知識!!
神経伝達物質とは、脳の中で情報を伝達するために必要な物質の総称です。人間の脳の中にある神経細胞は電気信号を送ることで情報の伝達を行ってます。しかし、神経細胞同士はぴったりとくっついているわけではなく、わずかな隙間があります。その隙間のせいで神経細胞間の情報伝達ができません。その隙間をカバーして、神経細胞間の情報伝達をできるようにしてくれるのが「神経伝達物質」なんです。現在、神経伝達物質は100種類以上あると言われていますが、実際に発見されているのは60種類ぐらいです。セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の総称を「神経伝達物質」と呼んでいます。

ノルアドレナリンが不足すると「うつ病」になる!?

先ほども解説いたしましたが、ノルアドレナリンは「心身の覚醒」「やる気」「意欲」「集中力」などに深く関わっています。そのため、逆にノルアドレナリンが不足してしまうと、「だるい」「やる気が出ない」「集中力がない」状態になってしまうということです。

実際に、うつ病患者の方はノルアドレナリンの代謝物の減少がみられることから、ノルアドレナリンの分泌が減少することはうつ病に関係していると言われています。

つまり、ノルアドレナリンは私たちが意欲的に活発に生活していくのには欠かせない物質ということになります。

ノルアドレナリンが適度に分泌されている人は周りから尊敬される!?

ノルアドレナリンが適度に分泌されている人は「判断力に優れ」「意欲的に活動でき」「ストレスに強い」という状態になります。つまり、リーダーとして部下を引っ張っていけるような性格の持ち主ということになります。

何か決断しなくてはいけない場面では、何が大事なことかを判断して勇気を持って決断することもできますし、誰よりも意欲的に行動するのでみんなのお手本として背中を見せることができます。また、何か問題が起きてもストレスに強いので諦めることなく、行動することができます。つまり「理想的な性格の持ち主」とも言えるでしょう。

逆にノルアドレナリンが不足している人は「判断力がなく」「何事にも消極的で」「ストレスや問題に弱い」という人になります。先ほどと違い「理想的な性格の持ち主」とは程遠いですね。

側から入ればこういう性格の持ち主は「ダメな社員」「やる気のない人」「すぐに諦める人」なんて言われるでしょう。

ノルアドレナリンはこのように「性格」に深く関係していることから「性格形成ホルモン」とも呼ばれています。

ハイレベルなパフォーマンスには必要不可欠!?

ノルアドレナリンが不足すると「やる気が出ない」「集中できない」状態になります。しかし、逆にノルアドレナリンがしっかり分泌されれば「やる気に満ち溢れ」「集中している状態」になります。つまり、仕事などで成果、結果を出したいと思う場合はノルアドレナリンの分泌が必要不可欠ということです。

ノルアドレナリンが十分に分泌されていれば自分の仕事に締め切りを設けて自分自身を追い込むことができますし、プレッシャーから逃げずに自分自信と戦うことができます。

アドレナリンとノルアドレナリンの違いとは?

アドレナリンとノルアドレナリンは名前が似ていることから、「同じものじゃないの?」と勘違いをしている方が多いです。しかし、この2つには決定的な違いがあり、同じ効果や作用を持つ物質ではありません。

作用する場所と影響を与える場所が違う

これまでの説明である程度触れましたがアドレナリンは「主に副腎髄質で分泌」され、ノルアドレナリンは「副腎髄質や交感神経末端からも分泌」されます。

この2つが影響を与える場所にも違いがあります。アドレナリンは主に副腎髄質で分泌されるため、肉体(血管や筋肉などの抹消神経)に強い影響を与えます。具体的には、血管や酸素の通り道を広げます。そのおかげで、脳内の酸素が増えて注意力が向上、また筋肉内の血流や酸素が増えることでパワーが増します。そうすることで一時的に身体的パフォーマンスが爆発的に向上するなんてことも起きます。俗に言う「火事場の馬鹿力」ですね。「火事場の馬鹿力」はアドレナリンが分泌されることで起こるとも言われています。

アドレンリンと違い、ノルアドレナリンは「脳の中枢系での働き」が主になります。アドレナリンは身体的な面に影響を与えますが、ノルアドレナリンは「怒り」や「イライラ」、「やる気」や「不安」などといった「感情面」に強い影響を与えます。

また、アドレナリンの前駆体はノルアドレンリンですので、先に人間の体に影響を与えるのはノルアドレナリンです。つまり、感情が高ぶり、体が高ぶるという流れですね。生命の危機に面した時を例にすると、「やばい!食べられちゃう!逃げなきゃ!」と不安になる、恐怖を感じる。→「そして、筋肉や脳に酸素や血が行き渡ることで猛スピードで逃げる」という流れになるということです。

ワンポイント豆知識!!
前駆体とは、ある化学物質においてその物質が作られる前の段階の物質のことを言います。つまり、ノルアドレナリンがアドレナリンの前駆体ということは、「ノルアドレナリンからアドレナリンが作られる」ということです。ちなみにノルアドレナリンの前駆体はドーパミンです。これらの物質の流れは「チロシン」→「ドーパ」→「ドーパミン」→「ノルアドレナリン」→「アドレナリン」となっています。

ストレスの受け方でアドレナリンとノルアドレナリンの分泌量が変わる?

先ほどの説明である程度はアドレナリンとノルアドレナリンの違いがご理解いただけたと思います。しかし、もっとわかりやすく理解していただくために、「ストレスの受け方」による違いも解説致します。

アドレナリンが多く分泌される「肉体的ストレス」

「肉体的ストレス」とは、例えば「車に轢かれそうになる」「暴漢にいきなり襲われる」など、肉体的に負担のかかるストレスのことです。いわゆる、生命の危機に近い状態ですね。

このような場合は、私たちの体ではノルアドレナリンよりもアドレナリンの方が多く分泌されます。肉体的ストレスを回避して、生命を維持するために血圧を上げ、筋力をアップし「逃走か闘争」のどちらかを行うためです。

ノルアドレナリンが多く分泌される「精神的ストレス」

「精神的ストレス」とは、例えば、「人間関係で揉めた」「仕事で大きなミスをして上司に怒られた」「上司にセクハラされた」などの不快や悲しみ、焦り、罪悪感などの感情を感じる時です。このような場合はアドレナリンよりもノルアドレナリンの方が多く分泌されます。

精神的ストレスは肉体よりも感情面へのストレスが強いのでそれに耐えるために、ノルアドレナリンが多く分泌されます。

強く作用する受容体が違う

アドレナリンとノルアドレナリンは「α1受容体」「α2受容体」「β1受容体」「β2受容体」という4つの受容体に作用します。しかし、アドレナリンとノルアドレナリンのどちらもこの4つに作用するわけではなく、作用する受容体と作用しない受容体があります。

それぞれの受容体の特徴

この4つの受容体にはそれぞれ特徴があります。アドレナリンやノルアドレナリンがそれぞれの受容体に作用することで体にその特徴が表れるんです。

主な作用 主な部位
α1受容体 血管収縮
血圧上昇
血糖値上昇
脂肪の分解促進
血管平滑筋
α2受容体 血小板凝集
交感神経系抑制
鎮痛作用
鎮静作用
自律神経系の末梢
β1受容体 心拍数増加
心収縮力増加
心臓
β2受容体 血管拡張
血圧低下
気管支拡張
消化機能抑制
気管支
消化管
血管平滑筋

アドレナリンは「β1受容体」「β2受容体」より「α1受容体」「α2受容体」に作用する

これまでの説明で何度か触れましたが、アドレナリンは生命の危機など、肉体的ストレスがかかった時に多く分泌されます。血圧を上昇させ、筋力をアップさせて「逃走か闘争」に備えるためです。

そのため、血圧の低下などの特徴がある「β受容体」よりも、血圧の上昇や鎮痛作用という特徴を持った「α1受容体」「α2受容体」に強く作用します。

しかし、「逃走か闘争」をするために身体機能を向上させるので、「β1受容体」「β2受容体」にも作用して心臓の収縮する力をアップさせます。

そうすることで、飛躍的に身体能を向上させ、生命の危機を回避します。

また、大きな怪我などをしたのに一時的に「全く痛みを感じない」という話は聞いたことあるでしょうか?例えば、「喧嘩中に骨折してしまったのにかなり興奮していてそのまま喧嘩を続けた」など。これはアドレナリンが多く分泌されていて、「α2受容体」の鎮痛作用が働いていることで起こる現象です。

中には喧嘩で胸をナイフで刺されたのに、痛みを全く感じなかったという方もいるほど、アドレナリンが多く分泌されている時の鎮痛作用は強いようです。

ワンポイント豆知識!!
受容体とは、細胞膜表面、細胞質、または核内に存在し、特定の物質(リガンド)と結合することで細胞にシグナルを伝え、応答を起こすタンパク質のことを言います。例えば、塩をなめると、しょっぱいと感じるのは、舌にある受容体が塩を受け取り、その情報を脳へ伝えているからです。

ノルアドレナリンは「β1受容体」「β2受容体」にはほとんど作用せずに「α1受容体」「α2受容体」に作用する

アドレナリンは心臓の機能を向上させるためにも「β1受容体」「β2受容体」にも作用しますが、ノルアドレナリンは「β1受容体」「β2受容体」はほとんど作用せず「α1受容体」「α2受容体」に作用するので血管が収縮するという特徴が強く出ます。

アドレナリンが体に与える作用とは?

普段、私たち人間はすべての力を使っていません。100%の力を使ってしまうと体がもたないからです。無意識に脳が100%の力を使わないように制限しています。

しかし、アドレナリンが多く分泌されると普段、脳が制限しているリミッターが外れて自分の持っている最大限の力を発揮することができます。

スポーツ選手が大きな声を出したり、自分を鼓舞したりするのはアドレナリンを分泌して限界までの力を引き出そうとするためです。

「火事場の馬鹿力」と言われるのも、アドレナリンの分泌によるものです。意図的ではなく、自然と危機的状況に追い込まれるとアドレナリンが多く分泌されて限界以上の力を発揮することができます。

しかし、意図的に限界までの力を引き出そうとするとアドレナリンがうまく分泌されずに、脳のリミッターが外れません。アドレナリンを意図的に分泌させるのはかなり難しいでしょう。

アドレナリンが体に及ぼす影響とは?

アドレナリンが体の力を限界までに引き上げてくれることはわかりましたね。では、これから具体的にどんなことが体に起こるのかを解説致します!

筋力が飛躍的にアップする

アドレナリンが分泌されると、血管が広がり血流が増加します。そうすると、筋肉に酸素やエネルギーが多く供給されることなどから、発揮できる力が向上します。要するに、火事場の馬鹿力状態です。

血圧が上昇し、心臓の動きが活発になる

アドレナリンが分泌されると、心臓の筋肉の収縮力が増します。その結果脈拍が速くなり、全身に血液が行き渡ります。これによって、普段は出していない限界までの力を発揮して、生命の危機を回避するような負荷の高い運動にも耐えることができます。また、緊張すると心臓がバクバクするのはアドレナリンが分泌されるからです。

気道が広がり、呼吸数が増え、心肺機能が高まる

アドレンリンが分泌されると、気道(喉)が広がり呼吸が速くなります。そのおかげでたくさんの酸素が肺に取り込まれ、体の酸素が増えます。

そして、高い負荷の運動を長い時間継続できるようになります。

血糖値が上昇する

アドレナリンが分泌されると、肝臓や筋肉に蓄えられているグリーコーゲンをブドウ糖に分解するのが促進されます。

また、同時に血糖値を下げるインスリンの分泌を抑制するので血糖値が上昇します。 血糖値が上がることで脳の覚醒が保たれるので集中力や判断力が向上します。筋肉を動かすのにグリコーゲンは必要なので継続した運動ができるようになります。

脂肪燃焼が促進される

体に蓄えられた脂肪を分解して、血液中に放出する役割のある脂肪燃焼リパーゼ。実は、アドレンリンはこの「脂肪燃焼リパーゼ」の働きを活性化してくれます。脂肪が血液中に放出されることで, 脂肪燃焼の効果があります。

また、アドレナリンは空腹感を無くす作用もあるので、食べ過ぎを防いでくれます。さらに、アドレナリンには脂肪燃焼リパーゼを押さえつけ、脂肪を蓄積させるリポ蛋白リパーゼを応援するインスリンの働きを抑えてくれるという役割もあります。

体温が上昇して、代謝が上がる

アドレナリンが分泌されると、血管が広がり血流が良くなるので体のエネルギー消費が増し、熱を生み出すので体温が上昇します。

また、先ほど解説した通り脂肪燃焼を促進したりするのでエネルギー代謝も高まります。

鎮痛作用があり痛みをあまり感じなくなる

アドレナリンが大量に分泌されると、痛みを感じる感覚器(痛覚)が麻痺します。なので、アドレナリンが大量に分泌されるような非常に興奮したような場面では怪我をしても「痛みを感じない」ということが起こります。

しかし、そのような興奮するような場面から抜け出し、冷静になった時に一気に痛みが襲ってきます。

この作用は、生命の危機に面した時に怪我をしても敵に立ち向かって生命の危機を脱出できるようにだと言われています。

ノルアドレナリンが体に与える作用とは?

ノルアドレナリンは主に筋肉などに作用するアドレナリンと違い、脳や神経に作用します。体を覚醒させたり、緊張感をアップさせてくれる効果があります。

簡単に言うと頭が冴えるとも言えますね。交感神経を刺激し、血圧や心拍数を上昇させて、判断力、集中力などを向上させてくれます。

ノルアドレナリンはストレスに反応して集中力や緊張感を生み出す

私たちはノルアドレナリンが分泌されることでストレスに対抗することができます。例えば、面接や大事な試合前などの緊張するような場面では、ノルアドレナリンが適度に分泌され緊張感を与えてくれ集中力や意欲が高まります。

ノルアドレナリンが体に及ぼす影響とは?

ノルアドレナリンが分泌されると具体的には以下のような影響があります。

心身を覚醒させる
アドレナリンを分泌させる
消化器官の機能低下
ストレスへの対抗力を高める
痛覚を麻痺させて痛みを感じにくくする
やる気や意欲を高める
注意力や集中力、判断力、作業効率を高める
心拍数や血圧を上昇させる
興奮状態にする

アドレナリンもノルアドレナリンも適度な分泌が大事!

アドレナリンもノルアドレナリンも分泌されることで私たちに大きなメリットを与えてくれます。しかし、その反面不足したり、過剰に分泌されると副作用やデメリットも存在します。

例えば、アドレナリンが過剰に分泌されると「脳梗塞」や「心筋梗塞」のリスクが高まったりしますし、ノルアドレナリンが不足すると「うつ病」を引き起こす可能性があります。このように副作用があるんですね。

なので、バランスよく適度に分泌されることが大事になりますので覚えておきましょう。アドレナリンとノルアドレナリンの副作用やデメリットについては以下の記事にまとめていますので、気になる方はご確認ください。

↓↓↓↓
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

アドレナリンとは?

アドレナリンっていう名前を聞いたことある方は多いはず。しかし、具体的にどのような物質でどんな作用があるかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そんな方のためにアドレナリンについて詳しく解説致します!

アドレナリンについて学ぶ >

ノルアドレナリンとは?

アドレナリンは知っていても、ノルアドレナリンって何?と思いますよね。ノルアドレナリンはアドレナリンと同じく神経伝達物質の一種ですが、アドレナリンと違う作用、効果を持っている物質です。ノルアドレナリンについて詳しく解説致します!

ノルアドレナリンについて学ぶ >